HOME>トピックス>中古ピアノを購入する時にみておくべきところ

中古ピアノを購入する時にみておくべきところ

ピアノ

中古でも商品により状態が違う

子供にピアノを習わせていて、ある程度の実力がついてきたのなら、電子ではなく本物のピアノを自宅にも用意したいと考える親御さんもいるでしょう。しかし、予算が限られているため新品には手がだせずに、中古として販売されているものを購入する予定の方もいるはずです。もしも、中古のピアノを購入するのなら、同じ年代や形式のものであっても、それぞれ状態はまったく違うので気をつけましょう。中古ピアノは毎日練習に使われてきたケースもありますし、すぐに飽きられて弾かれることがなくなったケースなどの色々な事情があるからです。そのため、価格が安いからといって飛びつかずに、きちんと状態を見てから購入するものを選定しましょう。

ピアノ

状態で価格も変わってくる

中古ピアノの場合はそれぞれのパーツの消耗具合によって、価格がずいぶんと変わるので、しっかりと確認しておきましょう。パーツ消耗が激しいピアノを購入したのでは、何年か後に買い換えが必要になる可能性があるため、購入時に安く手に入れられたとしても最終的には損をしてしまうことあります。なお、初めて中古ピアノを購入する場合は、善し悪しがまったく理解できない状況もあるはずです。そのときは、お店のスタッフの意見をもとに購入することになるため、しっかりと信頼できる中古ピアノ販売店を選ぶようにしましょう。もしも、自分で見て分からないのなら、評判のよいネットショップなどを探して、実店舗よりも安く中古ピアノを手に入れるのも賢い方法です。