中高年に多くなる尿漏れは泌尿器科に相談しましょう

女医

病院で検査と治療を

頭を押さえるウーマン

出産を機に

最近は尿漏れケア用品のテレビコマーシャルを、目にする機会があります。ひと昔前ほど、タブーな話題ではなくなったと言うことでしょう。しかし、なかなか人に相談できずに、悩んでいる人も多いようです。40代以降の女性に、特にその傾向が強いようです。そもそも男性よりも女性の方が、尿漏れを起こしやすいようです。それは男性に比べて、女性の方が尿道が短いことと、骨盤底筋が弱いことが主な原因です。しかも、女性は出産を経験すると更に骨盤底筋が弱くなります。出産を機に尿漏れを起こすようになった、と言う女性が多いようです。尿漏れ専用のケア用品も多数市販されていますので、そういったものを活用すると良いでしょう。又、骨盤底筋を鍛えるトレーニングをすると症状が改善されるようです。

病気が隠れていないか検査

しかし尿漏れは仕方ないと諦めて、そのまま放置するのではなく、一度は病院で検査を受けてみる方がいいでしょう。たかが尿漏れと思っていても、重大な病気が見つかることもあります。尿漏れで病院を受診する場合、何科に行けばいいのか迷われる方も多いようですが、婦人科や泌尿器科が良いでしょう。受診する際には、あらかじめ自分の尿漏れについてメモをしておくと役に立ちます。一日何回ぐらい起こるのかや、どういうときに起きるのかなどを、メモしておきましょう。診察は、問診や尿検査、超音波検査などが行われます。重大な病気でなければ、治療は主に、薬物療法や生活指導や理学療法などが行われます。尿漏れは、徐々に悪化することが多いので、早めに受診して治療を続けることが大切です。