中高年に多くなる尿漏れは泌尿器科に相談しましょう

女医

意志に関係ない尿漏れ

病室

主な尿漏れの症状

立ち上がった時や、くしゃみをした時、急に我慢できない尿意がおそってくるなどして、意志に関係なく尿が漏れてしまうことを「尿失禁」と言います。厳密には尿失禁は病名ではなく、様々な要因によりトイレ以外で排尿してしまう状態を指します。尿失禁の症状は、腹圧性、切迫性、溢流性、機能性の4つのタイプに分けられます。腹圧性とは急に立ち上がった時や、咳やくしゃみをした時など、お腹に急な圧がかかることにより起こる尿失禁です。特に女性に多く見られるのが特徴です。次に切迫性とは、突然我慢できないほどの尿意におそわれ、トイレまで間に合わず尿が漏れてしまう状態を指します。現在切迫性の原因は明確にされておらず、外出中や車に長時間に乗らないといけない場合に非常に困るのが特徴です。

尿漏れの種類と治療法

尿失禁の症状の4つのタイプの内の1つである、溢流性とは尿意はあるもまとまって出せず、溢れるように少しずつ出続けてしまう状態を指します。排尿障害を伴う疾患が前提にある場合が殆どで、男性に多く見られる尿失禁の症状とされています。そして認知症によって尿意が曖昧となったり、尿意はあるも歩行が困難な為にトイレまで間に合わず尿を漏らしてしまう状態を「機能性尿失禁」と言います。これらの症状が続く場合には、恥ずかしがらずに早期に泌尿器科に相談を行いましょう。腹圧性による軽度の尿失禁の場合でしたら、泌尿器科で指導してもらえる「骨盤底筋体操」で、症状の改善がかなり期待できます。骨盤底筋体操により改善が見られない場合は、「TVT手術」や「TOT手術」と呼ばれる尿道の下にテープを通して排尿をサポートする治療が選択されます。